マーケティングリサーチ・Webクリエイト|株式会社フェイス・コム

menu

Research Method通行量調査・交通量調査

通行量調査・交通量調査

通行量調査・交通量調査は、新規出店や開業、商業施設のリーシング計画、都市計画・不動産開発、広告の効果、イベントの集客効果など、企業の様々なマーケティング課題の解決に必要とする指標データのひとつとなっています

通行量調査・交通量調査とは?

お店の前や道路、交差点など、街中で座ってカチカチしている人をたまに見かけるのではないでしょうか。
なぜ、カチカチしているのか。それは出店や開業をするためにお客となり得るターゲット(つまり通行者または歩行者)がどれくらい通っているのかを専用の数取器を使用して、調査スタッフの観察により性別や年代の人数を取り分けているのです。そして、それら収集したデータをもとにその場所でどれくらいの集客や売上が見込めそうで、結果的に出店や開業をした時に採算が取れそうなのかを判断するための客観的データとして役立っています。これを一般的に通行量調査と呼んでいます。

対して、車両(クルマやバイク)の計測は、公共事業や都市計画の一環として調査を行ったり、ロードサイド型の店舗や施設でもどれくらいの集客や売上が見込めそうなのか、その交通状況を調べることを交通量調査と呼んでいます。

通行料調査・交通量調査

出店や開業をするために、様々なマーケティングデータを活用して判断

通行量調査・交通量調査で得たデータは出店するための大きな要素となります

企業は様々なリサーチを行い、上記のようなデータを収集しています。 どれも出店を判断するための材料としてはとても重要なものであり、ネット社会の時代ではこれらの情報は探し方によってはとても役立つ情報をタダもしくは安価にたくさん収集することができます。 しかし、通行量や交通量のデータだけは、ほぼ見つけることができません。仮にあってもピンポイントの場所ではない、またはあってもデータが古くトレンドとして弱いため、有効なマーケティングデータとしては活用できないのが現状です。どんなにニーズがあっても、そして商圏(4年に1度、国が実施している国勢調査や統計調査のデータ)から見た潜在的なターゲットがいると分かってても、最終的に出店しようと検討している場所に相応の通行量が存在しないと商売としてうまくいかない可能性もあるので、通行量や交通量のデータはその出店する場所のリアルな指標としてとても重要な要素となります。

通行量調査・交通量調査の活用シーン

検討や計画している物件前の通行量や交通量を計測し、その箇所(歩道、通り)が持つ「パワー」を把握することで、企業の意思決定に際し参考となる基礎データとしてご活用いただけます。

柔軟な対応と徹底管理で良質なデータをご提供します

  1. 柔軟な対応かつスピーディー
    多くの業種・業態で実施した調査の経験からどんなロケーションでも柔軟に対応可能です。また、経験豊かなリサーチャーが専任するのでスピーディーに対応いたします。
  2. 客観的なデータを収集
    調査スタッフの主観的な要素をなるべく排除し、調査の目的や課題に対して客観的かつお客さまがマーケティングとして使える良質なデータを収集し、ご納品いたします。
  3. マル秘・機密情報の徹底管理
    調査時は関係者以外から声をかけられても、絶対に口外しないという守秘義務の教育が徹底されているのでご安心ください。また、調査で使用する資料関係にも特定の企業名やそれらが分かるような表現で記載しないよう細心の注意を払って実施しております。

関連したソリューション

関連コラム