マーケティングリサーチ・Webクリエイト|株式会社フェイス・コム

menu

Traffic Survey Case Study通行量調査・交通量調査の活用事例

通行量調査・交通量調査の活用事例

通行者や交通の流動を理解することで企業のスピーディな意識決定に活用

Case01|出店・開業のリサーチ、競合リサーチ

出店や開業を検討している物件前で通行量や交通量の調査を実施します。クライアント様の多くは、まずは検討している物件がどの程度のポテンシャルがありそうなのかを知るために、一次データとして通行者のボリュームやターゲットがどれくらいいるのかといった特徴、また平日・休日・時間帯による違いがどの程度なのかをこのデータから読み取ることとなります。立地特性を把握する上で人口統計など商圏分析も必要にはなりますが、そもそも物件前に一定の人通りがなければ商売として成立しません。
同エリア内で自店と同業種の競合店の通行量や入店客数をベンチマークとすることで、おおよその商売としてのポテンシャルを把握することも可能となります。ライバルがあることで、そのエリア内でお客を分け合うことも考えられますが、商圏内で店舗同士が活性化することもあるので、相乗効果が期待できる可能性もあります。

Case02|テナントリーシング・ゾーニング

ショッピングセンターやショッピングモールといった商業施設に来館する人の流動状況を調査いたします。館内は広く多くのテナントがありますが、各通路の流動や動線を年代別で把握していくことで流動状況に適したリーシングやゾーニングの材料に役立てていただいております。
様々な場所での実績があります。
・ ショッピングセンター、ショッピングモール
・ 百貨店
・ ターミナル駅地下街
・ ホテル地下街

Case03|広告効果の検証

ここでの広告とは、主には交通広告・屋外広告・OOH広告(街頭ビジョンやサイネージ)であり、広告に接触した通行者を計測するものとなります。接触者=広告視認者ではないことに留意する必要がありますが、広告を掲載する広告主(企業様)は、その場所で一定の効果を見込んでいるのでどれくらいの接触者、そしてターゲットがどれくらいかを知る上で通行状況や滞留状況を把握する必要があります。通行者に対して「広告を見たことがあるか否か」などを街頭調査・街頭アンケートでヒアリングすることで、より効果的な広告効果測定が可能となります。
街頭調査・街頭アンケートの詳細はこちら
広告効果測定の詳細はこちら

Case04|流動状況や人流動線などの把握

流動や人流は交通や防災など、社会インフラとして活用されており、近年ではGPSの位置情報データによってマクロな視点で捉えることが可能となりました。また最近では画像認識AIの技術によってビデオカメラや既存の防犯カメラで撮影したデータを用いて、細かい視点での流動状況を計測できるようになりましたが、調査に必要とする場所での計測には、カメラの設置や画角設定など、初期導入コストと設置にある程度の時間を要します。既存の防犯カメラやカメラを新たに設置するにしても長期的プランで運用してのにはカメラは有用ですが、スポット的な調査の場合はコストと時間を考えるとやはり人的なリサーチが必要となります。
弊社の画像認識AIカメラによるマーケティングソリューションはこちら

Case05|イベント効果の検証

展示場をはじめ店舗内など、イベント会場の大小あらゆるイベントの効果を測ります。来場者の人数や属性(性別や年代)を計測することでイベント接触者を測ります。更に来場者に対してアンケート(オフライン・オンライン)で来場目的や利用したサービス、購入有無、利用者の属性などを聴取することで、イベントの効果を可視化します。

Case06|公共工事・都市開発・不動産開発

大型の建設や開発、都市計画、道路計画など、行政の申請に必要となる交通量調査や交通解析を行っております。開発することで周辺交通網が将来にわたって、どの程度の影響が出てくるのか交通シミュレーションをいたします。
主な調査
・ 交通量実態調査
・ 交通需要、混雑度の予測
・ 信号現示、道路幅員調査
・ 渋滞長、滞留長調査