マーケティングリサーチ・Webクリエイト|株式会社フェイス・コム

menu

Research Method街頭調査・街頭アンケート

街頭調査・街頭アンケート

街頭調査・街頭アンケートとは?

街頭調査・街頭アンケートは、人の流動性が多いスポットや特定エリアの人たちが利用する駅前など公道上で行うアンケートとなります。
実際のその場を通る人たちに対して直接的にアンケートを実施するため、生の声をその場で聴くことができるのが最大の特徴です。また、ネットリサーチのようにインターネットを利用する人に依存せず、インターネットを利用していない人の声を拾うこともでき、サンプルの代表性に偏りが少ないサンプリングが可能となります。
ただし、路上で立ちながらヒアリングするため長時間の設問には不向きであり、また特定の人だけをサンプリングするといった対象条件(出現率)が低いような内容だとやや難しい面があります。

街頭調査・街頭アンケートとは?

街頭調査・街頭アンケートに適しているテーマ

新商品・サービス評価トレンド・時事ネタ情報の収集
商店街アンケート(実態やニーズの把握)
インバウンド訪日外国人

その街にいる人の”今起こっている情報”を得られるのが最大のメリット

街頭調査・街頭アンケートの最大のメリットは、その場所にいる人の”今起こっている情報”が分かることにあります。

どのような目的で来たのか、どこのお店に立ち寄ったのか、実際に買った商品はどのような物なのか、どれくらいのお金を使ったかなど、実際に行動したその日の情報にリアリティがあるため、得られる情報に信憑性が増します。

ネットリサーチなどのアンケートでは、どうしても過去の経験から聞き出すものになるため、設問の聞き方によっては対象者の回答の基準にバラつきが出て、得られる情報に多少の歪みが生じる可能性もあります。

どのような場所で実施して、どれくらいの内容が聞けるのか

街頭調査・街頭アンケートを実施するには、道路使用許可を申請して実施することが好ましいのですが、残念ながら首都圏においてはアンケートを目的とした道路使用許可を取得することは極めて難しいため、駅前などの公道上を流動的に歩きながら実施せざるを得ないのが現状です。

実施する上で特に気を遣うことは「店舗の目の前でないこと、駅や商業施設などの敷地内でないこと」、これらはクレームの元となるため、それらに注意しながら、一般の公道上で他の歩行者の妨げにならないよう工夫しながら実施していくこととなります。

そのため、アンケートで聞く設問のボリュームも5分程度(多くても10分)に留めるのが一般的であり、それ以上のボリュームになるとや拒否や回答の途中離脱が高まり、良いデータを集めることができない可能性があります。

関連したソリューション