商圏調査

 フェイス・コム 商圏調査の特長と強み

商圏調査は、新たに店舗を出店する際や販売促進をしていく上で、その周辺 エリアの人口や地域の特性、競合状況を把握するために必要とする調査方法です。商圏の範囲はお店の業種や業態によって変わりますが、視覚的に分かりやすくするためにマップ上でお店を中心に商圏を円で囲み、その範囲にどれくらいの世帯数や人口がいるかなど、統計データ(二次データ)から商圏内の特性を把握することができます。
基本的なベースとなる出店計画はこの情報を用いて計画を立てていきますが、それ以外に必要となるデータが現地調査によって得られる一次データとなります。代表的なものとしては商圏内における競合の店舗数や営業の状況といった情報なります。例えば、入店客数や稼働率(回転率)、購入単価、広告の展開など、これらをリサーチしていくことも商圏調査としては必要となってきます。
昨今では、統計データ(二次データ)から商圏調査レポートを生成する様々なソフトが存在しておりますので、基本データの収集についてはお客様より取得いただいております(もちろん、弊社の方で収集してレポート化していくことも可能です)。フェイス・コムでは、二次データから導き出される更なる課題の抽出や商圏調査の補完となる競合情報や環境情報といった現地調査でしか得られない一次データの収集に柔軟に対応しております。


商圏調査の特徴と強み

居住者クラスターによる商圏分析

弊社では、上記以外の情報としてGeomarketingが保有する「居住者クラスター(Geodemo)」を用いた商圏分析も推奨しております。
日本の21万カ所の大字町丁目ごとに居住者のライフステージとライフスタイルを独自のメソッドで10グループ74セグメントに分類されており、現在お客様がお持ちになっている顧客データやアンケート調査で得たデータをもとにリアルな顧客像を把握するための高精度な分析を行っております。詳しくはお問い合せください。

 当社のサービス内容

統計データでは分からないプラスαのデータで商圏状況をより詳細に把握 居住クラスターによる高精度な商圏分析
郵便番号を元に顧客データと紐づけできます。CRM,ダ
イレクトマーケティングシステムに組み込むことによって郵
便番号からライフスタイルマーケティングが実現します
Geodemo
居住者クラスター各10グループの基本データ、資産、趣味・趣向、購読雑誌・新聞、ファッション、教育投資、メディア接触、購買傾向について解説しております。詳しくはこちら
相談は無料
メールでのお問合せはこちら